ラブプラスのプレイ日記中心にアイマスのことやゲーム、アニメの感想を書いてます。
5月4日は茅原実里さんのライブツアー
『Minori Chihara Live Tour 2014 ~NEO FANTASIA~』に参加してきました。
DSC_1500.jpg

グランキューブ大阪に行ってきましたよ~。
DSC_0884.jpg
DSC_0888.jpg
今回はアルバム「NEO FANTASIA」の楽曲を中心に夢の国を演出。
すごく楽しい世界でした。


以下、セトリとか感想とか。ネタバレに注意。




■Minori Chihara Live Tour 2014 ~NEO FANTASIA~大阪セトリ
01.The immortal kingdom
02.TREASURE WORLD
03.SELF PRODUCER
04.endless voyage
05.覚醒フィラメント
06.TOON→GO→ROUND!
07.境界の彼方
08.この世界は僕らを待っていた
09.純白サンクチュアリィ
10.Lonely Doll
11.真白き城の物語
12.儚くも愛しき世界の中で
13.Celestial Diva
14.1st STORY
15.Perfect energy
16.Lush march!!
17.Tommorow's chance
18.FOOL THE WORLD
19.ZONE//ALONE
20.NEO FANTASIA

(アンコール)
Planet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]第2章
21.君がくれたあの日
22.purest note ~あたたかい音
23.HYPER NEW WORLD
24.Neverending Dream


まず、入って驚いたのがステージのセット!
NEO FANTASIAの文字が輝き、まさにテーマパークって感じでした。



ビーッという劇場が始まる合図とともにみのりんのナレーションが始まります。
みのりんのナレーションによりNEO FANTASIAの世界に引き込まれ、
セット2階部分よりCMDと一緒にメインアクターであるみのりんが登場。

1曲目は「The immortal kingdom」
アルバム「NEO FANTASIA」の1曲目でもあるこの曲、ステージが始まるぞ!という感じがまさしく出ている曲で今回のツアーも1曲目として登場し、さらに旗曲というのもぴったりでした。

旗振りながらステージを見ながらコレから始まるステージに期待が高まりわくわくしました。


2曲目は「TREASURE WORLD」
ビッグバンド!ではないけれどCMBの演奏とCMDのダンスが楽しくて自然と体が動き始めました。

ここから、「SELF PRODUCER」、「endless voyage」、「覚醒フィラメント」、「TOON→GO→ROUND!」と続いていき高まっていきますよ。
「SELF PRODUCER」のコールってふっふー、フワフワフワフワになってたのね。
「SELF PRODUCER」はバースデイライブのBDしか観てなかったのとみのりんの楽曲であまりそういったコールがなかったからちょっとびっくりした。

「TOON→GO→ROUND!」はI'veの高瀬さん作曲なのですが、
みのりん札幌でレコーディングした話の後に札幌の物件を探しているという話がw
みのりん札幌おいでー。なんてねw

D-Formation以来のライブ参加なので今回CMDは初対面でした。
ベースの坂本さんのパフォーマンスが印象に残ってて足を大きく上げたり体を動かしてかっこよかったです!


「境界の彼方」、「この世界は僕らを待っていた」、「純白サンクチュアリィ」といった静かながら盛り上がる楽曲!
この流れ好きすぎてやばいですねw

そしてその次の曲は「Lonely Doll」!!

みのりん作詞作曲のこの楽曲ですが、あまりにも暗い曲で周りから心配された楽曲で有名ですがw
この「NEO FANTASIA」ではセット2階部分に置いてある月に座って歌うという
なんともミュージカルの演出を見ているかのような形ですごくしっくりきて聴き惚れてしまいました。

あとでみのりんもMCで言ってましたが、むくわれない曲ですが・・・


「Lonely Doll」の後は島みやえい子先生作曲の「真白き城の物語」
この曲もしっとりとした曲ですが、ステージの背景が一気に星空に!!
みのりんの歌ときらめく星たちが綺麗でした。

そのまま「儚くも愛しき世界の中で」、「Celestial Diva」とまた盛り上がり始めます。
「儚くも愛しき世界の中で」はなんだか和っぽい感じでよかったですね。


「1st STORY」も好きな曲
生で聴けて良かったです。すごく気持ちいい曲でこれからのツアーでも聴けたらいいなって思います。

「Perfect energy」きたー!
サマキャン4の鍋ちゃんのボーカルが忘れられないですがw
「Perfect energy」はサビの振り付けが楽しい!盛り上がる曲ですよね!楽しかった!!


謎のギタリスト登場の「Lush march!!」
定番の旗曲!いつもこの曲では旗を振る人になる大先生ですが、今日は違いました!
セットの2階部分センターから登場し、ギターを背負って登場!!
みのりんも知らなかったらしく驚いて笑っていましたw

大先生のギタリストっぷりすごく楽しかったですw笑っちゃいましたw


「Tommorow's chance」で高まる!
トモチャンはライブ定番!この曲のために全力を出し切りましたw
トモチャンでみんなで盛り上がっていく感じが好きですね。

「FOOL THE WORLD」、「ZONE//ALONE」と大盛り上がりが続き。


最後の曲であり、アルバムの表題曲であり、このツアーの名前でもある「NEO FANTASIA」
この曲の前にMCで次の曲が最後になりますということを聞いていたからというのもあり、
ステージの演出が曲によって切り替わっていき綺麗だったのもあり、
感動してしまいました。。。
夢の国という時間がもうすぐ終わってしまうという感覚、みのりんの歌声・・・
この曲に関しては歌との演出がすばらしかったです!!



アトラクションが終了し、みのりんのナレーション。
みんなの熱い声援が届けばステージはまだまだ続くという後押しで会場からアンコールが!


声援が届き、再びみのりんのナレーション。
ここからは映像のアトラクション。

Planet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]第2章
が先行で上映されました。
第2章は新曲で友達に会いに行くというストーリー。

Planet:Valkyrieをこのような使い方するということに驚き、映像を見るということも予想してなかったですが、今回のテーマであるテーマパークを意識した演出ならではですね。


そして、僕自身このライブで衝撃だったのが「君がくれたあの日」!
Planet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]第1章のテーマ曲が「君がくれたあの日」だったのですが、
「君がくれたあの日」の生歌を聴きながら
「Planet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]第1章」の映像を観る


贅沢ですよコレ!みのりん観るかPlanet:Valkyrieを観るか迷うけれど、
僕はここは「Planet:Valkyrie」に集中することにしました。

映像と一緒にみのりん。すごく楽しかったです!
これは参加して良かったと思いました。ライブ映像とかでこの感覚は味わえないと思う。



「purest note ~あたたかい音」

すごく好きな曲、久しぶりに生で聴けて良かったです。ラララ~♪


「HYPER NEW WORLD」
最後に全力を出し切った「HYPER NEW WORLD」!合いの手が楽しくてしょうがない!
これもライブでしか味わえない感覚ですね!
もう楽しかった!


「Neverending Dream」
「HYPER NEW WORLD」が終わると出演者がいなくなって映像が始まりました。
会場前で撮ったみんなの映像、そしていつの間に撮られてたライブ中の映像。
今までの「NEO FANTASIA」の空間がスクリーンに映し出されて楽しかった夢の国が終わる・・・

すっと、ステージに光が灯るとみのりんが、、「ありがとうさようなら・・・」
この曲のこの演出。ほんとにこのステージのために作られた曲っていってもいいほど良くて
夢の国NEO FANTASIAの時間が終わる寂しさでじんときました。



今回は今までのライブと違ってNEO FANTASIAというテーマパークという演出に凝ったライブでした。
始まった瞬間にNEO FANTASIAという世界に引き込まれ、歌にダンスにバンドに映像に酔いしれ、
終わりの時間が近づくにつれ戻りたくないという感情がわき寂しくなりました。

今回のツアーに参加できて本当に良かったです。楽しかったです。

また、行きたいなあ。。

DSC_0890_20140508162632dd3.jpg
今回のツアーでチャリティバンドは3つ目


MCでみのりんがポップコーンの話をしているのを聞いたら食べたくなって買っちゃいました。
DSC_0889.jpg
カバンに入らなかったので、ポップコーンを片手にホテルまで帰りましたよ!


関連記事
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
■Minori Chihara Live Tour 2014 ~NEO FANTASIA~大阪セトリ
01.The immortal kingdom
02.TREASURE WORLD
03.SELF PRODUCER
04.endless voyage
05.覚醒フィラメント
06.TOON→GO→ROUND!
07.境界の彼方
08.この世界は僕らを待っていた
09.純白サンクチュアリィ
10.Lonely Doll
11.真白き城の物語
12.儚くも愛しき世界の中で
13.Celestial Diva
14.1st STORY
15.Perfect energy
16.Lush march!!
17.Tommorow's chance
18.FOOL THE WORLD
19.ZONE//ALONE
20.NEO FANTASIA

(アンコール)
Planet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]第2章
21.君がくれたあの日
22.purest note ~あたたかい音
23.HYPER NEW WORLD
24.Neverending Dream


まず、入って驚いたのがステージのセット!
NEO FANTASIAの文字が輝き、まさにテーマパークって感じでした。



ビーッという劇場が始まる合図とともにみのりんのナレーションが始まります。
みのりんのナレーションによりNEO FANTASIAの世界に引き込まれ、
セット2階部分よりCMDと一緒にメインアクターであるみのりんが登場。

1曲目は「The immortal kingdom」
アルバム「NEO FANTASIA」の1曲目でもあるこの曲、ステージが始まるぞ!という感じがまさしく出ている曲で今回のツアーも1曲目として登場し、さらに旗曲というのもぴったりでした。

旗振りながらステージを見ながらコレから始まるステージに期待が高まりわくわくしました。


2曲目は「TREASURE WORLD」
ビッグバンド!ではないけれどCMBの演奏とCMDのダンスが楽しくて自然と体が動き始めました。

ここから、「SELF PRODUCER」、「endless voyage」、「覚醒フィラメント」、「TOON→GO→ROUND!」と続いていき高まっていきますよ。
「SELF PRODUCER」のコールってふっふー、フワフワフワフワになってたのね。
「SELF PRODUCER」はバースデイライブのBDしか観てなかったのとみのりんの楽曲であまりそういったコールがなかったからちょっとびっくりした。

「TOON→GO→ROUND!」はI'veの高瀬さん作曲なのですが、
みのりん札幌でレコーディングした話の後に札幌の物件を探しているという話がw
みのりん札幌おいでー。なんてねw

D-Formation以来のライブ参加なので今回CMDは初対面でした。
ベースの坂本さんのパフォーマンスが印象に残ってて足を大きく上げたり体を動かしてかっこよかったです!


「境界の彼方」、「この世界は僕らを待っていた」、「純白サンクチュアリィ」といった静かながら盛り上がる楽曲!
この流れ好きすぎてやばいですねw

そしてその次の曲は「Lonely Doll」!!

みのりん作詞作曲のこの楽曲ですが、あまりにも暗い曲で周りから心配された楽曲で有名ですがw
この「NEO FANTASIA」ではセット2階部分に置いてある月に座って歌うという
なんともミュージカルの演出を見ているかのような形ですごくしっくりきて聴き惚れてしまいました。

あとでみのりんもMCで言ってましたが、むくわれない曲ですが・・・


「Lonely Doll」の後は島みやえい子先生作曲の「真白き城の物語」
この曲もしっとりとした曲ですが、ステージの背景が一気に星空に!!
みのりんの歌ときらめく星たちが綺麗でした。

そのまま「儚くも愛しき世界の中で」、「Celestial Diva」とまた盛り上がり始めます。
「儚くも愛しき世界の中で」はなんだか和っぽい感じでよかったですね。


「1st STORY」も好きな曲
生で聴けて良かったです。すごく気持ちいい曲でこれからのツアーでも聴けたらいいなって思います。

「Perfect energy」きたー!
サマキャン4の鍋ちゃんのボーカルが忘れられないですがw
「Perfect energy」はサビの振り付けが楽しい!盛り上がる曲ですよね!楽しかった!!


謎のギタリスト登場の「Lush march!!」
定番の旗曲!いつもこの曲では旗を振る人になる大先生ですが、今日は違いました!
セットの2階部分センターから登場し、ギターを背負って登場!!
みのりんも知らなかったらしく驚いて笑っていましたw

大先生のギタリストっぷりすごく楽しかったですw笑っちゃいましたw


「Tommorow's chance」で高まる!
トモチャンはライブ定番!この曲のために全力を出し切りましたw
トモチャンでみんなで盛り上がっていく感じが好きですね。

「FOOL THE WORLD」、「ZONE//ALONE」と大盛り上がりが続き。


最後の曲であり、アルバムの表題曲であり、このツアーの名前でもある「NEO FANTASIA」
この曲の前にMCで次の曲が最後になりますということを聞いていたからというのもあり、
ステージの演出が曲によって切り替わっていき綺麗だったのもあり、
感動してしまいました。。。
夢の国という時間がもうすぐ終わってしまうという感覚、みのりんの歌声・・・
この曲に関しては歌との演出がすばらしかったです!!



アトラクションが終了し、みのりんのナレーション。
みんなの熱い声援が届けばステージはまだまだ続くという後押しで会場からアンコールが!


声援が届き、再びみのりんのナレーション。
ここからは映像のアトラクション。

Planet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]第2章
が先行で上映されました。
第2章は新曲で友達に会いに行くというストーリー。

Planet:Valkyrieをこのような使い方するということに驚き、映像を見るということも予想してなかったですが、今回のテーマであるテーマパークを意識した演出ならではですね。


そして、僕自身このライブで衝撃だったのが「君がくれたあの日」!
Planet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]第1章のテーマ曲が「君がくれたあの日」だったのですが、
「君がくれたあの日」の生歌を聴きながら
「Planet:Valkyrie[プラネットワルキューレ]第1章」の映像を観る


贅沢ですよコレ!みのりん観るかPlanet:Valkyrieを観るか迷うけれど、
僕はここは「Planet:Valkyrie」に集中することにしました。

映像と一緒にみのりん。すごく楽しかったです!
これは参加して良かったと思いました。ライブ映像とかでこの感覚は味わえないと思う。



「purest note ~あたたかい音」

すごく好きな曲、久しぶりに生で聴けて良かったです。ラララ~♪


「HYPER NEW WORLD」
最後に全力を出し切った「HYPER NEW WORLD」!合いの手が楽しくてしょうがない!
これもライブでしか味わえない感覚ですね!
もう楽しかった!


「Neverending Dream」
「HYPER NEW WORLD」が終わると出演者がいなくなって映像が始まりました。
会場前で撮ったみんなの映像、そしていつの間に撮られてたライブ中の映像。
今までの「NEO FANTASIA」の空間がスクリーンに映し出されて楽しかった夢の国が終わる・・・

すっと、ステージに光が灯るとみのりんが、、「ありがとうさようなら・・・」
この曲のこの演出。ほんとにこのステージのために作られた曲っていってもいいほど良くて
夢の国NEO FANTASIAの時間が終わる寂しさでじんときました。



今回は今までのライブと違ってNEO FANTASIAというテーマパークという演出に凝ったライブでした。
始まった瞬間にNEO FANTASIAという世界に引き込まれ、歌にダンスにバンドに映像に酔いしれ、
終わりの時間が近づくにつれ戻りたくないという感情がわき寂しくなりました。

今回のツアーに参加できて本当に良かったです。楽しかったです。

また、行きたいなあ。。

DSC_0890_20140508162632dd3.jpg
今回のツアーでチャリティバンドは3つ目


MCでみのりんがポップコーンの話をしているのを聞いたら食べたくなって買っちゃいました。
DSC_0889.jpg
カバンに入らなかったので、ポップコーンを片手にホテルまで帰りましたよ!


関連記事
スポンサーサイト

【2014/05/11 04:00】 | 2014GW大阪
【タグ】 茅原実里  
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック